季節で荒れやすいのは

空気の乾燥する冬の季節は、手荒れや乾燥肌などが悪化する人が多くなります。冬だから仕方がないと、何もせずに放置しておくと、乾燥肌がどんどん進み、強いかゆみを生じ、痒さに耐えかねて肌をかきむしってしまうことで湿疹や可能などの肌トラブルを起こすことにもつながります。乾燥の進む季節を健康的な肌で過ごすために、きちんと対処法を知って早めに実施することが必要です。肌は常に外部からの刺激にさらされ、様々な刺激から肌を保護するバリア機能によって肌の健康が保たれています。けれども、冬の寒い季節にはこのバリア機能を低下させる原因があふれているので、肌の健康が損なわれ、手が荒れるようになったり乾燥肌を引き起こしやすくなってしまいます。冬は肌と接する空気が乾燥しているだけでなく室内で使用する暖房によってさらに乾燥が進んでしまう環境に置かれます。しかも気温が低いので汗をかく機会も減り、皮脂と汗で作られる天然の保湿クリームの皮脂膜が作られにくくなります。乾燥があまり進まないうちに、きちんと保湿剤を使用して肌の保湿を行い、肌の乾燥を防止することが大切です。