肌を守るためにもやるべきこと

肌を守るべきにやることは、紫外線からの害を最小限にすることと、乾燥からの肌へのダメージを少なくすることです。季節により、紫外線が強いのか、それとも乾燥が強いのか、ということの特徴が変わってきます。しかしどのような季節においても、これらのふたつの点を意識し、スキンケアを行うことが、健康的な肌を作り上げるために必要です。 肌を守るためには、ダメージを最小限インしなければなりません。そのためには、紫外線により皮膚に対して与えられるダメージを少なくする必要があります。このダメージを少なくするためには、バリア機能が発揮していなければなりません。 バリア機能が効果的に機能されているのならば、少しの程度であるのならば、紫外線を浴びたとしても、それほど大きな影響はありません。しかし、バリア機能が弱っているのならば、少しの刺激でさえも、負担が大きすぎてしまうことになり、肌のトラブルを発生させてしまうことになるのです。 紫外線による害は、肌の老化を進行させたり、またメラニン色素を沈着することにより、シミを生み出してしまいます。若々しい状態を維持するためにも、また美白の状態を作るためにも、バリア機能を発揮する必要があるのです。 バリア機能の改善にやるべきことは、肌の新陳代謝を促進させることです。いつまでも古い細胞が残っていると、その細胞は外部からの刺激に対し、皮膚を守るための抵抗力が削減されているために、ダメージに弱くなってしまうのです。そのため新陳代謝を促進し、バリア機能を発揮している新しい細胞に生まれ変わる必要があるのです。 バリア機能が発揮しているのならば、紫外線だけではなく、乾燥にも強さを発揮してくれます。乾燥は肌の保湿を奪ってしまう原因になります。保湿が奪われてしまうと、細かい傷が出来やすくなり、炎症が起こりやすくなります。しかしこれらもバリア機能が発揮されているのなら、保湿の状態を維持することができ、乾燥にも強くなるのです。